ウクレレ団、ウクレレの無料レッスン有ります

泣く子も引きつる「へたっぴウクレレ団」by 犬山キャンプ場
音楽の知識ゼロ、楽器の経験なし、絶望的な状況からの出発
「音楽は聴くより、自分でする方がもっと楽しい」をコンセプトに
目標はメジャーデビューと紅白出場(できれば、貧乏キャンプ場の経営も楽になります)
それは、はっきり言って、無謀な挑戦だった、その名も「へたっぴウクレレ団」 since 2004
ウクレレなキャンプ場 アウトドアベース犬山

★★★ 初心者、音痴のみ入団歓迎、泣く子も引きつる「へたっぴウクレレ団」 ★★★
ウクレレ団 無謀な野望

音楽関係の皆様!スカウト大歓迎です!
ウクレレ ウクレレ演奏 ウクレレ団
団員タクヤ課長 入団資格:ウクレレが下手なこと、歌が上手くないこと

理由:上手い人がいると他のメンバーが萎縮するから

シンプルな入会手続き:自分が「へたっぴウクレレ団」の団員だと自覚するだけでOK

会費:無料です。但し、犬山キャンプ場のご利用者に限ります。m(_ _)m

活動拠点:受付前(夏) レストハウス(冬)


ウクレレコレクション 活動内容: 日が暮れて、キャンプ場の業務が終了したら、適当に集まって生ビールなんか飲みながら、 ボロロ〜ンとやる。原則的に練習日時は決めても守れないだろうからから決めない。 行き当たりばったりが基本。

最終目標:CDデビューと紅白出場
ゆっくり、ゆったり、のんびり、あせらずに!
2008年度課題曲 No.1「青春の影


課題曲は年に1〜3曲。の〜んびりペースでちゃくちゃく〜っと自分の唄にしていきましょう(^-^)
1番までで構いません。コード譜と歌詞を見なくても弾き語りができるようになることが目標です。
キャンプ場でビール片手にいっしょに弾けたらいいですよね〜♪
課題曲に一言:ドラマ「ひとつ屋根の下」の挿入歌にもなっていました。いい曲です♪
−団員紹介−
少ないながらも楽しいウクレレ団! ウクレレで勝負!左=VSタクヤ、右=VSアツシ

団員:キャンディさん
キャンディ姉さんはウクレレ団の話をする上でもとっても 重要なお方なのです。何を隠そう、ウクレレ団結成のきっかけにもなった 裏ウクレレ団長です(ウクレレの腕の方は・・・)! ちなみにウクレレ団のページを作りたい!と最初に言ったのも このお方なのです。 カワニナ課長!頭が高い!

団員プライアさん

団員:プライアさん
オリジナル・ペイントウクレレにご満悦の団員PRAIAさん。このお方は、団長の命令に従って、キャンプ場内の植樹の手伝いなどもする団員のカガミなのです。ありがとうございますm(_ _)m

団員:ポールさん
ウクレレを持っている写真がなく、写真付きで紹介できないのが残念です。是非是非、ウクレレと いっしょに撮影した写真を送って来て下さい。待ってま〜す☆

ウクレレ兄弟

団員:ウクレレ兄弟
ウクレレ兄弟のお2人です。残念ながらお兄ちゃんの方は恥ずかしがって写真をゲットできませんでしたm(_ _)m弟ちゃんの方はリコーダーに興味があるとのこと・・・この際何でもよしとしましょう!ウクレレとリコーダーも抜群に合うと思います☆


ボラパパスタッフ、ボブ

団員:ボブ
カワニナ課長として頑張ってくれた恵口卓也君は2007年3月をもって犬山キャンプ場を退社し、ボラパパスタッフ専属となりました。しかし!!ウクレレ団はもちろん脱退していません!!一生懸命、練習しながらも得意分野は未だにパーカッションですが、ボブ(団員名)は負けません!! そんなボブこと、元カワニナ課長の絵日記はこちらです。 気ままに更新していくそうなので、たまにには覗いてあげて下さい。

−基本マスター、ウクレレABC−


まずはストロークの練習です。 4ビートと8ビートで「C Em F G7 C Am F G7」を繰り返し弾きましょう。
リズムが正確に刻めること、弦を滑らかにストロークでボロロ〜ンと弾けること
知らないコードはウクレレコード表でチェックして下さいネ。

ワンポイントアドバイス
ストロークを滑らかに弾くには、ココロの中にビートを持たないといけません。 これを専門用語でハートビートといいます(嘘) 一朝一夕に出来ることではありませんが、音楽を聴く時にはいつもココロの中でビートを刻む癖をつけましょう。実際に体でリズムを刻む(つまりダンスする)こともかなり有効だと思います。
それから、フォークギターを弾いたとこのある人はどうしてもスチール弦的なストロークをしてしまう傾向にあります。ウクレレは柔らかなナイロン弦です。弦のテンションもゆるいです。手首を柔らかくして、しなやかにスナップを効かせる感じで、優しくストロークしてみて下さい。




4ビートと8ビートのストロークがマスターできたら、お次は、   リズムに表情を与えるミュートの練習をしましょう。
8ビートで、2拍目の表と4拍目の表をミュートします。
心の中で刻むリズムは、「ズングッ・チャッ()・カ・ズングッ・チャッ()・カ」と なります。

この“チャッ”(の部分を親指の腹の部分でミュートしてアクセントをつけます。

練習曲は、みんなで歌える簡単な曲にしましょう。
「大きな古時計」 あたりがいいかも知れません。

ワンポイントアドバイス
ウクレレを弾く時はアロハシャツに着替えましょう。 それだけで、上手くなった気がします。マジメな話し、ウクレレは長袖では弾きづらいです。 長袖で弾く場合は袖を肘の上まで捲り上げて引きましょう。理由は素腕じゃないとウクレレがホールドしづらいのと 袖口の生地が弦に触れるとミュートされてしまうからです。




4ビートと8ビートのストロークがマスターできれば次は、スローワルツとかラテンのリズムに 進むらしい・・・のですが・・・楽しくないと続かないですよね(^o^)
とりあえず4ビートと8ビートのストローク奏法にミュートが出来るようになればこれだけでも 弾き語りできる曲は無限といっていいほどあります。 好きな曲を気持ち良く弾いて歌って、押さえられるコードを増やしていきましょう!




以下のページはかなり参考になります。
トイズミュージックスクール ウクレレ講座 ビギナー編


−ゲストルーム−


さすらいの大道芸人
ワンマン・バンドのファニー・トンボさんとジャグラーのココロさん

2006年3月、さすらいの大道芸人、ワンマン・バンドのファニートンボさんと、ジャグラーのココロさんがゲストで来てくれました。深夜まで呑んで唄って楽しいひと時を過ごしました。また、風が吹いたら来てくれるそうです。いや、音楽って、ほんとイイですわ。




なぜギターではなくウクレレなのか

団員アツシ 1.音色が優しく、会話の邪魔をしません。 「俺の音を聴け!!」と言わんばかりのギターに対して、 ウクレレのさりげない音はBGMになるのです。 練習していてもあまりうるさくないので家族の苦情が出にくいといった利点もあります(^-^)
2.ナイロン弦なので錆びません。ギターをやっている人はよくわかると思いますが、 弦の張替え作業は面倒で結構、大変なものなのです。ウクレレなら切れない限り永久に使えます。
3.持ち運びに便利!小さいのでどこにでも連れて行けます。北海道の大草原の中で、 南の島の砂浜で・・・ポロロン♪
4.コードが押さえやすい。ギターの挫折理由の1つ「バレーコードが押さえられない」 ウクレレは弦が柔らかいので押さえやすく、 指先が痛くならないので女性も子どもも弾けます。家族みんなで楽しめるのです(^-^)